徒然草

日常徒然やTwitterじゃ足りなく、文章にするには短い萌をツラツラと書き殴る予定。生まれながらの腐女子。只今、YGO海表再熱中。 HPではYGO→海表。pixivでは進撃→リヴァエレ。K→猿美。東京喰種→平有。青エク→メフィアマ。黒バス→原花、高緑、木宮、紫氷、水金、諏佐今など書いてます。 固定CP派。

猿美夫婦の日常(美咲誕生日編)

いつもと何も変わらない夜。
テレビを眺める猿比古の横でゲームをしていた。
11時を過ぎ、そろそろ寝ようかとゲームの電源を切ると猿比古もテレビを消した。

 

 

「美咲、ちょっと冷蔵庫から水取って来て」


「今から寝るのにか?」


「喉乾いた」


「ったく…‥」

 

 

渋々キッチンに向かい冷蔵庫を開けると、水と書かれた付箋が貼ってある白い箱が入っていた。こんなもの買ってきた覚えは無い。

 

 

「猿比古ぉー何だよこの箱」


「いいから持ってこいよ」

 

 

はあ?と思いつつそれを手にした瞬間、気付いた。
ああ、今日は。

 

 

「…‥なあ、これって」


「開けてみたら?」

 

 

促されるままにテーブルに箱を置くと蓋を開けた。
予感的中。
中にはちょっとまえテレビでやってたスイーツ特集で俺が食いたいと言っていたケーキが入っていた。フルーツが山の様に乗っているそれにはチョコレートで出来たプレートが飾ってある。そこに書かれていたのは『HAPPYBIRTHDAY FUSIMI MISAKI』フルネームかよ。って、ちょっと待て。

 

 

「オイ、猿…‥俺の名前間違ってるんだけど」


「間違ってねぇだろ」


「いや、お前と混ざってるぞ。店員が間違えたんだろうけど…‥まあ、サンキューな」


「だから間違ってないって。美咲は俺の嫁なんだけから伏見美咲で合ってるだろ?」


「なっ…‥!!!」


「誕生日おめでとう…‥美咲」


「…‥おう」


「ククッ…‥顔真っ赤」


「うるせぇ!!!暑いんだよ!!!」


「はいはい、クーラー効いてるけどな」


「ッ…‥せっかくだけど今日は寝るから起きてから食べる」


「うん。あっ、あと俺今日休みなんだ」


「は?聞いてねぇけど」


「言ってないからな。だから、起きたら美咲が行きたいとこ何処でも連れてってやるよ」

 

 

そう言うと猿比古は笑ってソファーから体を起こすとケーキを冷蔵庫にしまい、戻って来ると俺を抱き上げて寝室に向かった。
ベッドに入ると、いつも通り直ぐに眠気に襲われる。猿比古は俺の髪を撫でながら額や頬にキスをしてくる。それが何だかすごく気持ちよくて気付いたら眠っていた。
それはいつも通りな、特別な日の始まりだった。

 

END.